金融機関のグレーゾーン利息撤廃によって、以前金融機関からお金を借りていた人は、過去払った利息について「取られ過ぎていたから返還してほしい」と請求することができるようになりました。

この場合、法律の専門家に依頼するとすれば、弁護士、司法書士、行政書士が考えられます。

このうち行政書士は、過去の履歴から計算をし直して過払い金がそもそもあるのか、あるとすればいくらかなのかを割り出します。
そして過払い金を請求する文書を作成したり、依頼者が内容証明で請求したいとすれば内容証明郵便を作ることも行ないます。

しかし逆に言えば、行政書士は書類を作成するところまでで、示談の交渉や裁判にタッチすることができません。


金融機関では裁判を経ないと返還に応じないケースも多く見られますが、行政書士ではそこまで参加できません。
それに対して司法書士は、過払い請求の場合に相手との交渉を行なうことができます。

話題の法律の相談に関するお役立ちコンテンツ満載です。

しかしそれは司法書士の中でも認定司法書士という資格を取っている人だけですし、そもそも司法書士には、140万円を超えることには参加できないとか、地方裁判所の代理人にはなれないなどの制限があります。

請求に応じて返還されている額は平均で160万円と言われていますので、司法書士では請求の途中で対応し切れなくなるようなケースも多いと考えられます。



そこで、最適なのは弁護士への依頼ということになります。



弁護士には額に制限がないですので、請求額、返還額がいくらになろうとも問題がありません。


もし裁判になっても対応ができますので、過払いの請求には弁護士がもっともふさわしいと言えます。

 
Copyright (C) 2016 過払い金請求は弁護士に依頼するといいです。 All Rights Reserved.